ガラスの足サラブレット

家が福島競馬場の極極近く・・・
子供の頃からお馬さんが大好きです

ある年、「貴公子」と”あだ名”がついた
テンポイントという馬がデビューしました

彼がレース中に骨折しました
競走馬は骨折すると
普通は安楽死処分されます

馬は3本の足で立つと
4本の時よりも1本の足に
大きな重量がかかる

そのため足の先まで
血液が流れなくなり
足の細胞が腐ってしまう

結局は余計に苦しませることになる
しかしこの馬は処分されなかった

テンポイントはライバルと
歴史に残る名勝負を演じた超人気の名馬だったから・・・

海外から専門家を集めて必死の治療が始まった
馬をハンモックでつって足にかかる体重を軽減したり

その全てがテレビや新聞で報道され
完治を願うファンから無数の千羽鶴が送られた

しかし、その願いも空しく・・・
天国へと旅立っていきました

心の底から泣けました
それきり競馬場には
2度と行くことはありませんでした



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さあ茶
2007年09月12日 21:05
お金で物質的なものは手に入っても
心は満たされないものもあると思いますよ

「物事はなるようになる」
明日何が起こるかわからない。
だから見えない先の事をくよくよ考えるのはやめよう、と
この年になってたどり着いた結論です。
・・考えなさ過ぎですか?^^;

さあ茶
2007年09月12日 21:10
やってしまいました><

「心ってなにで磨く?」のところに
コメつけようとして間違えちゃいました
m(__)m
2007年09月12日 21:46
コメありがとうございました
その通りだと思います
僕は気が小さくて心配性で取り越し苦労よくします
これって時間の無駄以外の何者でもないですよね
いざとなると女性の方が肝が据わってる気がしますね
でえぇ~~~んと構えて生きたいですm(__)m

この記事へのトラックバック