1月6日TVドラマ天と地と・・

武田信玄VS上杉謙信
川中島の戦いが舞台のTVドラマ
録画してたのを見ました

NHK風林火山の最終回と同じ舞台設定です
風林火山が武田側から見た川中島
「天と地と」は上杉側から見た川中島

僕の御ひいきの謙信役
今回は松岡昌宏さん
風林火山ではガクトさん
どちらも色男でカッコイイ(何故か満足・・)

風林火山では山本勘助が斬られても斬られても
ゾンビのごとく立ち上がりましたが
今回は謙信の一太刀であっけない最後

謙信が馬上から信玄に一太刀を浴びせるシーンは
どちらのドラマも圧巻ですね
武田の名を轟かせた
赤ヨロイの武田精鋭軍も迫力があった

戦国最強と謳われた武田軍
それに一歩も引けをとらなかった謙信
どちらも素晴らしい

主君のために命も厭わない忠誠は謙信・信玄が
家臣を如何に大切にしていたかが分かる
いつも謙信びいきなので今回は武田の名言で・・・

人は城、人は石垣、人は堀 情けは味方、仇は敵なり

(どれだけ城を堅固にしても、人の心が離れてしまったら世を治めることはできない
情けは人をつなぎとめ、結果として国を栄えさせるが 仇を増やせば国は滅びる)













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月26日 15:37
こんにちは~、りょうさん♪
いつもコメントいただき、ありがとうございます。この言葉は、名言ですよね~♪でも、裏切りとかもあって武田本家は、滅んでしまいました。
それに対して、上杉家は領地を替えられたり減らされても、侍の数を減らさなかったと聞いております。この名言が生かされたのは、ライバルのほうだったわけですね。(⌒_⌒;
りょう
2008年01月26日 16:30
mikomai様
コメントありがとうございます
謙信は毘沙門天に 独身を貫きます故
われに戦勝を与えたまえと祈り続けました
謙信は約束を守り 跡目は養子なのですが
幕末まで代々続きました 不思議なものですね
謙信の生き方は今も山形県米沢市内の小学校で
子供たちに伝えられています
上杉謙信大好きです
2008年01月28日 22:31
こんばんは~♪
りょうさんは、熱烈な謙信ファンでいらっしゃるようですね♪謙信公は、ほんとに毘沙門天のようなお方だったのでしょうね。^^
車掛りの陣で、川中島を戦ってますよね。あのような前代未聞の陣形で戦うこと自体、超人的な発想ですものね☆(∩.∩)
りょう
2008年01月29日 12:42
mikomaiさん
いつもありがとう
失礼かと思いましたが
メールで送りました
宜しくお願いしますm(_ _)m
2008年02月01日 18:18
こんばんは♪
快くご配慮いただきまして、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。(^―^) 

この記事へのトラックバック