小田原城 無血開城

久々の感激・・自分の心に刻んでおきます
今回のNHKその時歴史が動いたは100年5代にわたり画像
関東に理想国家を目指した戦国大名北条氏が
秀吉の天下統一の野望の前に滅亡かと思われたその時・・・

初代北条早雲(そううん)からの家訓
「上下万民に対し一言半句にても虚言を申すべからず」
領民に対し常に誠実であれ

秀吉が領土を広げ厳しい年貢を強いる事に反発する北条氏は
徳川家康、伊達政宗と同盟を結び最後まで抵抗します

しかし家康、政宗の裏切りにあい秀吉軍22万の兵に囲まれ画像
5代目北条氏直(うじなお)は家臣たちを説得します

「もとより城を枕に討ち死にする覚悟でいた
しかし大勢の者たちの命を失うにしのびず
皆は明日より離散してその身命を全うしてくれ」

氏直は一人城を出て秀吉に降伏します
そして秀吉に
自分が切腹するかわりに他の者の命を助けてほしいと願い出ました
自らの命と引き換えに民を守ろうとした北条氏直

その心意気に感服した秀吉は氏直を殺さず
高野山への追放にとどめたのです
さらに翌年氏直は秀吉に赦され1万石の大名として復帰しました
後に河内の国、狭山藩として幕末まで12代にわたって存続します

秀吉の心を変えた氏直の真摯で誠実な心意気
一滴の血も流さずに家臣と領民の命を守った氏直

本当の勝利者は秀吉ではなく北条氏だったのかも知れない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mikomai
2008年03月14日 21:59
こんばんは~♪
「その時歴史が動いた」を纏めるのが、ほんとにお上手ですね~♪^^大阪狭山藩は、超貧乏藩で有名でした。早雲以来の四公六民という安い年貢率を、1万石の小藩に転落しても引き上げなかったからです。立派な大名家ですね☆
りょう
2008年03月14日 23:17
こんばんは~♪
いつもコメントありがとうございます
mikomaiさん褒め上手ですねm(__)m
足元が大切ですよね農民を大切にする人大好きです
今に続く20何代目かの子孫の方が言ってました
質素倹約は今も守られてるとの事でした
ありがとうございました

2008年03月14日 23:45
歴史に疎い(だけ?)のですが、北条氏直に魅せられます。
実直、正義、犠牲、まさしく理想の人間像。りょうさんが心に刻みたいのが判るような気がします。歴史はこのような正義を貫く人の手で創られていることも確かですね。勉強になりました。有難う!
りょう
2008年03月15日 00:11
コケコさん こんばんは~
素晴らしいコメントありがとうございます
僕も本当は歴史に疎いんです^^
今まで生活のためとはいえ利害のために
離散集合の人間関係を生きてきました
やはり何処かに後ろめたいものがあります
理想を貫いた人物に接すると感激してしまいます
こちらこそありがとうございました
2008年03月15日 18:06
お久しぶりです♪

咲は3月24日からお仕事です☆

実習の方は咲が行った時は実習生がやる事はほとんどお年寄りの相手でした。後は食事介助だったり着替えの手伝いでしたね^-^

りょうさん実習頑張ってくださいね
りょう
2008年03月15日 20:44
咲ちゃん こんばんは~
もう介護職員ですね
頑張ってください
実習不安ですぅ
これで今後将来のこの仕事に対する自分の適性が分ると思います
重要な実習になりそうです
マエマエ
2008年03月16日 22:01
りょうさん こんばんは
実習頑張っていますか?
このお話 まさに 歴史の中に 生き方あり と 言ったところでしょうか?そんな生き方や そんな考え方があるんだなーと感心してしまいます。だから 歴史は好きです。感動させられる生き方をした人が まだまだ たくさんいるんでしょうね
りょう
2008年03月16日 22:36
マエマエさん こんばんは~♪
コメントありがとうございます
やはり自分に無いものに憧れる感じですね
僕なら耐えられなくてコソコソ逃げ出しそうです(笑

明日17日から21日まで施設で実習なんです
先に実習した男性の方はすぐにオムツ交換とかあったらしいです
今回はオムツ交換とかの現場もあるかどうか分かりませんが
自分の真価が問われそうです
マエマエさ~ん!・・・泣きが入りそうですぅ
また報告しますねww
ノルジ
2008年03月16日 23:39
こんばんは。
いつもブログへのコメントありがとうございます。
「その時歴史が動いた」、歴史はサッパリといってもいいほどな私こそ見るべき番組なんでしょうね・・・
北条氏は歴史の中で、私が唯一、頭に多少知識のある人物です(笑)
りょう
2008年03月17日 00:06
ノルジさん こんばんは~
訪問ありがとうございます
僕も本当は歴史は全然疎いんですよ
でも北条氏直はほれぼれします
ただNHK「その時歴史が動いた」は
松平アナウサーのナレーションが最高です
ある意味ノルジさんが○○田さんのお声にまいってるのと
少し似てるかもしれません(意味違ってたらゴメン)
松平アナ居なくなったら見ないと思いますね
2008年03月17日 22:02
庵主です。早速、お伺い致しました。
たびたびの、コメント頂戴し有難うございます。とりあえず、駆け足でブログ拝見しました。福島から“六甲おろし”を歌って頂いてるようで有難うございます。
北条氏直の心意気いいですね。どんな世でも真摯で誠実な生き方は真理なのですよ。
りょう
2008年03月17日 22:31
庵主様 こんばんは~♪
御訪問誠にありがとうございます
僕より年長者のかたは報恩感謝の方々が多いので
尊敬しております
それからもしかして虎ファンなのでしょうか?
飛び上がってしまいそうですが(笑
2008年05月02日 12:57
敗者という者は歴史から抹殺される宿命にある。
そんな彼等へのレクイエムとして、小説を書いている筆者ですが、小田原北条氏については、あまりよく知りませんでした。
北条氏直についても、父、氏政の言いなりになっていた人物のように思っていましたが、ちゃんと自己主張をしていた人物だったんですね。
りょう
2008年05月03日 01:15
桃源児さん こんばんは。
歴史に疎く僕は小田原攻めで北条氏は滅亡と思い込んでいました
その時歴史でもやってましたが秀吉が跡目に決めていた秀次を
福島正則に命じて切腹させたほどの非情な男なのに
氏直に対しては寛大で余程の人物だと思いました

この記事へのトラックバック