ヘルパー実習 3日目

本日は昨日までと同じ施設の中ではありますが
独立した別の部門でデイサービスという日帰り1日だけの介護サービスでした

朝、利用者さんを家まで迎えに行き日中センターで過して頂いて画像
夕方、利用者さんを自宅まで送り届けるというサービスです

予約の利用者さんが集まる10時頃から始まり

・健康チェック(血圧、体温等)をして入浴
・昼食
・お昼寝
・リクレエーション

午後3時頃に施設を出発して利用者さんを家まで送り届けます

車椅子の方も数人いましたが特養に比べると自立度は高く
衣服の着脱衣のお手伝いと、排泄もトイレへの誘導と軽い介助です
昨日までと比べるとかなり見守ってる部分が多く拍子抜けした感じでした

下手に手を出そうとすると先輩からお呼びが掛かります
1度手を貸すと利用者さんは2度と自分でやらなくなるとの事でした
もどかしいけど見守る事は愛深き冷淡なのだそうです


朝、利用者さんを迎えに行くマイクロバスに同乗しました
車椅子を後ろの方から電動リフトで乗せる事ができる福祉バスです
送り出す家族の方々もホッとした御様子でした
24時間介護する家族の心労は筆舌に尽くせないほど大変なものです

今日は3日間の中でも比較的和やかな雰囲気の中で実習を終わらせて頂きました
あとはもう1日、同行訪問が残っていますが21日なのでもうすぐです
オヤジヘルパー誕生もいよいよ秒読み段階に入りました(10、9、8・・・

この記事へのコメント

みぃ
2008年03月19日 22:58
ほんと。
何でもお手伝いすることが良いことでは無いんですよね。
できるだけ自分でやることが、本人の為。
だけど、見守ることは一番根気がいりますよね。。。
こちらがやった方が早いからと、つい手を出したくなる。。。
私は去年1年勤めてた所は病院に併設されたエステだったんですが、ホームに入居している方もよく利用して頂きました。
やっぱり女性というには老いても女性。
キレイになると感じるだけでとても活き活きしてました。
驚いたのは連れて来てくれるヘルパーさんはホントにあまり手を貸さないんですよね。
あくまでも自分の力で車いすから降りて歩いてもらう。
そして少し力を貸してあげるだけ。
あの独特の信頼関係のようなものは素敵だなあと思いました。
2008年03月20日 00:30
今晩は!
親父ヘルパー期待しています。
前記事も読ませていただきました。お疲れさんです。
ヘルパーさんの甚大な助力あっての介護の仕事ですね。
人格を尊重することがどんなに大変なことかって・・・いつも思い知らされます。手を貸す意識でなく、対等の立場をいつも念頭において保たなければいけないのかな~と。
年配者は時としてヘルパーをお手伝いさんとみなすこともあり、甘えてきたりもします。凛とした態度も必要ですし・・・あんなそんなで悩みながらする仕事かな~って今も思います。人と人とのお仕事ですからね。
まだまだ私も勉強不足。一緒に勉強させていただいてるようです。有難う!
ノルジ
2008年03月20日 02:23
こんばんは。
いつもブログへのコメントありがとうございます。
なるほど・・・「見守る」ということも、
とても大事な介護の一つなのですね。
祖父とは同居ではないのですが、逆に
会うたび、どんどん症状の悪化が目立つので
色々な意味で焦りを感じます(苦笑)
りょう
2008年03月20日 03:27
みぃさん ありがとう!
高齢の方は心細くなって人に頼りたい気持ちが増幅してきますが
すべてやってあげれば使わない部分はどんどん退化していくそうです
また出来る事だけでも見守ってあげればリハビリ的に機能が回復する事もあるそうですね
でも手を出したくなりますよね
特に家族などの場合はつい小言まで言ってしまって・・・
後悔する事しばしばです(これ僕の場合です・・反省反省)
介護だけに限らず人に優しく思いやり・・美辞麗句、言葉は並べても
特に家族には難しいですよね
俺はキリストじゃないんだぁ~~なんて・・・
でも頑張ります みぃさんありがとう
りょう
2008年03月20日 03:45
コケコさん
おはようございます
介護の先輩のお言葉は重みがあります
実際ホームヘルパーとしても経験されてると思いますが
同行訪問の時のベテラン先輩が言ってました
今もって対応が悪いとか電話が来るそうですね
実際仕事を始めたらもっともっと大変な事を実感すると思います
でもオムツ交換を経験させていただいてほんのちょっとですが
やれそうな自信がついてきました
この年になってもコケコさんのように介護福祉士になりたいなんて
ゴマ粒位の夢抱いてます3年の実務経験までいけるのかぁ~オヤジ?
はたしてオヤジヘルパーの未来やこれ如何に!?
ありがとうございました
りょう
2008年03月20日 03:59
ノルジさん おはようございます
コメントありがとうございました
祖父様は施設に居られるのでしょうか?
毎日ではなくたまに会うと余計に変化がわかるかもしれませんね
初日の実習は認知症の方のお世話をさせていただきましたが
ある方にお食事の時に入れ歯をしてあげるのに
ベテランの職員さんが3人がかりで大奮闘してました
女性の方なのですが入れ歯つけてもらってから職員のかたに
飛び掛っていくのですね
職員の方も毎日の事なのか慣れたもので
ぎゅっと抱きしめて落ち着かせていましたが
認知症への専門的な理解と対応の仕方を学ばないと
大変だと実感した施設実習でした
が・が・・がんばるぞぉ・・・何か尻つぼみ(笑
2008年03月20日 16:44
こんにちは~♪
『愛深き冷淡』というのは、ほんとに大事なことだと思います。しかしこれは、なかなか奥が深そうですね~♪^^オヤジヘルパーに向かって動き出したりょうさんの頑張りは、ブログ解析にも現れているようですヨ☆
りょう
2008年03月20日 19:02
mikomaiさん こんばんは~♪
解析しました^^やりましたねvv
嬉しい事書いてありました
オヤジも進化するんですね~^^
ありがとうございました

この記事へのトラックバック