1月6日TVドラマ天と地と・・

武田信玄VS上杉謙信
川中島の戦いが舞台のTVドラマ
録画してたのを見ました

NHK風林火山の最終回と同じ舞台設定です
風林火山が武田側から見た川中島
「天と地と」は上杉側から見た川中島

僕の御ひいきの謙信役
今回は松岡昌宏さん
風林火山ではガクトさん
どちらも色男でカッコイイ(何故か満足・・)

風林火山では山本勘助が斬られても斬られても
ゾンビのごとく立ち上がりましたが
今回は謙信の一太刀であっけない最後

謙信が馬上から信玄に一太刀を浴びせるシーンは
どちらのドラマも圧巻ですね
武田の名を轟かせた
赤ヨロイの武田精鋭軍も迫力があった

戦国最強と謳われた武田軍
それに一歩も引けをとらなかった謙信
どちらも素晴らしい

主君のために命も厭わない忠誠は謙信・信玄が
家臣を如何に大切にしていたかが分かる
いつも謙信びいきなので今回は武田の名言で・・・

人は城、人は石垣、人は堀 情けは味方、仇は敵なり

(どれだけ城を堅固にしても、人の心が離れてしまったら世を治めることはできない
情けは人をつなぎとめ、結果として国を栄えさせるが 仇を増やせば国は滅びる)













"1月6日TVドラマ天と地と・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント