施設実習2日目 ついにオムツ交換

本日は2日目の施設実習でした
昨日は気疲れのせいかお風呂の後ぐっすり寝入ってしまいました

さて本日の実況です 9時のミーティングの後
短パンをはくように言われましてお風呂介助に配属されました

1・まずはお風呂の手すりなど補助器具にて自力で入浴できる人
2・麻痺などがあり衣服の脱着衣や身体の洗浄をお手伝いする人
3・全く動けずに寝た状態のまま洗って差し上げて上下、下降する機械で
特殊浴槽で入浴する人3種類に分かれて入浴して頂きました

風呂場には移動ベッド、車椅子、自力歩行で来られる方が
並んでいる状態でとても忙しいお仕事でした 機械操作の入浴は施設の方がやり
僕が任されたのは片麻痺の方のお手伝いでした

身体を洗って差し上げてから湯船に介助して入って頂き
シャワーの後、身体を拭いて差し上げ衣服を着て頂きました
片麻痺の人の衣服の脱着衣は習いましたがこれが意外と難しかった

まずは健側(麻痺のない方)の手を服の袖に通すと
麻痺側は動ける方の手で自分でやれるんですね
利用者さんは慣れていていつも着せられてる格好をしてくださるのですが
僕はその意味がよく分らずに見当違いな方向から衣服を着せようとしたり
利用者さんをイラつかせてしまいました

あとは髪をドライヤーで乾かし車椅子に乗せてお部屋へという感じです
午前中いっぱい掛かりお風呂や器具のお掃除でお風呂介助は終了しました

休む間もなく今度は利用者さんの食事介助です
実習生に任されるのは誤嚥(食物が気管に間違って入ること)
などが無い比較的安全な方ですがそれでもやはり大変です

昨日で食事介助は大分慣れましてスムーズに行ってると思いきや・・です
今日の方は食べてる途中で口に食べ物を含んだまま寝てしまいました

先程お風呂でお世話させて頂いた方でしたが
入浴後のお食事では日常茶飯事なのだそうです
もっと声をかけながらという注意を頂きました(習いましたよね声掛け・・)

それから自分のお食事も終えて休息かとおもいきや
休む間もなくオムツ交換が始まりました 
食事の後は排泄・・・自然の生理的現象ですよね

今日は寝たきりの方ばかり全員のオムツ交換を2班に分かれて行いました
僕の先生は30過ぎ位の若い女性でしたがびっくりするような超ベテランでした
手際が良く利用者さんに楽しくお話しながら羞恥心を感じさせる間もなく
ぱっぱっと素早く終わってしまうのでした

身体の動かし方やオムツが背中でしわにならない簡単な方法など
学校で習わなかった事など親切に教えていただきました

オムツに排泄してる人もあって今日は臭いがかなりこたえました
ところがこのベテランの女性の方は事も無げに言いました
廊下を歩いているだけでその人独特の臭いで
誰がオムツに排泄してるのか分るのだそうです

僕も2人のオムツ交換させていただきました
先生に見守って頂きながらウエットティシュや温かいタオルで拭いて差し上げて
無事にオムツ交換を体験させて頂きました

それから1時間休憩の後また利用者さんとお歌やお遊びで
夕食の時間まで過させて頂きました

そして夕食の介助をさせて頂き後片付けをして本日の施設実習は終了しました
オムツ交換を指導して頂いた先生に握手をさせていただき励ましのお言葉までもらい
感激に浸りながら帰途についたことでした
施設での2日間はこれで一応終わりました明日はデイサービスの体験実習です


"施設実習2日目 ついにオムツ交換" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント