テーマ:歴史・その時歴史が動いた

オペラ 『魔笛』 まてき

今回のNHKその時歴史が動いたは王侯貴族に独占されていた 音楽を市民にひらいた モーツァルトの苦悩の生涯と オペラ『魔笛』完成の その時・・・ モーツァルトは幼い時から父親に音楽の英才教育を施されて育ちます その天分が開花し僅か8才で交響曲第1番を書き上げ その名は神童としてヨーロッパ中に響き渡ります そんな彼に本場…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ならぬものはならぬ

傷つく会津若松市民・・・会津人を侮るなかれ!! 今年2月のTBSのバラエティー歴史クイズ番組で出された問題とは・・ 会津戦争(戊辰戦争)で会津鶴ヶ城が開城した理由は?の正解として 城内に糞尿が溜まり不衛生で逃げ出したというものだったらしい この放送に会津若松市民から怒り心頭のメールが殺到した 菅家一郎会津若松市…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

小田原城 無血開城

久々の感激・・自分の心に刻んでおきます 今回のNHKその時歴史が動いたは100年5代にわたり 関東に理想国家を目指した戦国大名北条氏が 秀吉の天下統一の野望の前に滅亡かと思われたその時・・・ 初代北条早雲(そううん)からの家訓 「上下万民に対し一言半句にても虚言を申すべからず」 領民に対し常に誠実であれ 秀吉が領土…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

大奥 華にも意地あり

今回のアンコールNHKその時歴史が動いたは 政略結婚のため薩摩藩から13代将軍家定へ嫁いだ篤姫(あつひめ) 同じく政略結婚で朝廷から14代将軍家茂(いえもち)へ嫁いだ孝明天皇の妹 和宮(かずのみや)の人間としての意地とプライドを貫いた二人の生涯でした 篤姫は僅か1年半の結婚生活で夫、家定が病死 掟により生涯大奥に残り家定の…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

1月6日TVドラマ天と地と・・

武田信玄VS上杉謙信 川中島の戦いが舞台のTVドラマ 録画してたのを見ました NHK風林火山の最終回と同じ舞台設定です 風林火山が武田側から見た川中島 「天と地と」は上杉側から見た川中島 僕の御ひいきの謙信役 今回は松岡昌宏さん 風林火山ではガクトさん どちらも色男でカッコイイ(何故か満足・・) 風林火山…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

NHK風林火山最終回

最終回だけ録画しておいて見ました 上杉謙信と武田信玄の4度目の川中島の戦いが舞台だったからです この戦いは5度の戦いの中でも両軍で8千人の死者を出す壮絶な戦いでした 率直な感想・・・野望の戦いは空しい・・・ 川中島の戦いの発端は信濃の豪族が信玄に侵略されて 謙信に救援を求めてきたことから始まりました もう殺生はし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

信長の鉄砲隊を封じる作戦とは・・・

NHKその時歴史が動いた 上杉謙信おそるべしよりVol2 信長の露骨な挑発に いよいよ謙信は越後から西へ向かって動き出します 謙信は上洛の途上 能登半島にある七尾を勢力下に収めようとします 七尾を押さえれば越後から大量の兵糧を船で運ぶ事ができます 西を目指す謙信には必要な拠点でした これを知った信長は焦ります …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

悲劇の会津戦争

その時歴史が動いた「悲劇の会津戦争」 福島の人間です もちろん知ってます しかし・・・ 忘れかけていた 無念が 怒りが爆発してしまいました 濡れ衣じないか 言いがかりじゃないか 自刃した会津藩婦女子を含め2000人以上の犠牲者 長州軍の本拠地があった萩市から 昭和61年になって会津若松市に対し 戊辰戦争の ゆかり?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国一の美女と賞された信長の妹 お市の方

今回のその時歴史が動いたは信長亡き後の跡目争いで 秀吉に敗れた柴田勝家の悲劇でした 政略結婚のため嫁いだお市の方は嫁ぎ先が信長と 戦って敗れ3人の娘と共に織田家に戻っていた そして信長亡き後の跡目争いの中 織田家の筆頭 家老的存在の柴田勝家と再婚します 賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで敗れ北ノ庄城(きたのしょうじょう)に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田中角栄

前回のNHKその時歴史が動いたは 日中国交正常化の立役者 田中角栄でした 歴代の総理の中で生で見た人でもあり個人的には印象が深い あのダミ声 パフォーマンスは感情に訴える小泉さんタイプでしたが 小泉さんとは違いどこか憎めない人情派という感じでした 当時日本列島改造論をぶち上げ高速道路を新幹線をと伸ばしていた 彼の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上杉謙信

その時歴史が動いた「謙信恐るべし」より・・・ 戦乱の世に生まれ命の危機にさらされていた謙信は 幼い時から寺に預けられ仏教の教えに触れて育つ。 生涯殆ど負けたことのない[いくさ]の天才、謙信は悩む。 もう殺生はしたくない。 彼は仏を守護する四天王、毘沙門天に自らを重ね。 私欲を捨て正義のために戦う決意をする。 室町幕府の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more